<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

小さな言葉

疲れたときも
心が曇ったときも

花やみどりを
見たり、さわったり、香りをかぐだけで
幸せを感じる部分が
素直に反応して、
心が生き返る。
心は豊かになる。

沈んだ気分をもったまま
お花屋さんに行って、
元気になって帰ってくる。

そんな毎日



20代の前半、書いた言葉たちを久しぶりにだしてきました。

なんだかこの頃のほうが、いろいろしっかり考えてたんじゃないか、
と思うような、はっとする言葉や

今も変わらないこと考えてるな、というのや、

若かったなあ、ということばや。


あの頃は想像もしなかった、今ここにいたるまでの、小さな毎日の積み重ね。

ふと、その積み重なりがなにかひとつでもちがってたら、今とは違うところにいたのだろうか、とも思う時がありますが、でもきっと、こうなるようになってたんだよなあ。


これからも変わらないところと、新しいところを持っていくのだろうなあ。
[PR]
by picnique | 2008-06-11 21:18 | 心もよう

市場にて

練習用のお花を買いに、近くの湊川市場へ行きました。

帰るころには、両手は買い物袋でいっぱい。
これは、よくよくあること。

地元でとれたおいしそうな野菜や、作りたての豆腐や、
お惣菜や。 立ち止まらずに行くというのが、難しいということ。

八百屋さんではお天気予報を教えてくれたから、と10円おまけしてもらったり、

レモン水 (なんともレトロな飲み物) の色に見とれたり、

お豆腐学(型の端っこのかたい豆腐が、経済的で栄養もたっぷり!だそうです。)に
耳かたむけたり。

青汁を飲むご夫婦の、
e0126175_1154691.jpg
リュックのうしろ姿もなんだかすごく素敵だったなあ。

市場はおいしい光景と会話で満ちています。


この先ずっと暮らす家をもてるなら、市場とゆったり流れる川の近くがいいな、と
思います。
[PR]
by picnique | 2008-06-09 11:54 | おでかけ

わっか

人とのつながりについて、ふと思いました。

距離の変わらない人、
遠かったのに近くなったひと、
またはその反対のひと、
ずっといい距離感のひと。

日本に帰ってきて神戸に住みはじめて、1年半くらいになりますが、
いろんな人と出会えました。 ほんとうに次からつぎに、よい仲間が
増えてゆく感じでうれしいのです。

自分にない世界や 感じ方や 言葉や 音楽や センスや。

すてきな人たちにふれて、

そしてまた自分を知って。

これから先、またどんな出会いがあるのだろう?
どんなつながりが?

楽しみにまっていよう。
e0126175_20444741.jpg
[PR]
by picnique | 2008-06-08 20:46 | 心もよう

マーガリンじゃなくて

昨日は神戸ハッピーローラさんでのライブがありました。

5組のうち2番目で、はじめやすかったのですが
やっぱり緊張はついてきます。でも途中、会場がしんと静まって
ひとつの同じ空間ができた一時があって、どきどきしました。

さわやかなウクレレと素敵なうた、
メロディのきれいなギターの弾き語り、
音の厚みも曲のバリエーションも幅広いユニット、
聴きいってしまう歌唱力、
ほかの出演者のかたからすごくたくさんの刺激をうけました。 
ちょっと落ち着いて整理しないと。
e0126175_8351565.jpg

うれしかったのはお客さんに、自分の音楽の”自然さ”について、
「 マーガリンじゃなくって、バターみたいな。 それも干し草から
きちんと(美味しいバターのために)作られた。 」 と言ってもらったこと。 
わーわー。 大感激です!
[PR]
by picnique | 2008-06-01 08:35 | 音楽