カテゴリ:おいしいもの( 6 )

a la table

やっと梅雨も明けて、夏らしいお天気!

暑いあついと言いながら、美味しいものに目がないので、毎年夏バテ知らずです。 
そして近頃は友達と、仕事先の方々と、音楽仲間と、仲良しさんと,
それぞれ一緒に美味しいご飯を食べる日が続いて、喜んでいます。

ご飯を食べながら、またお茶をしながらの会話や風景は、ほかの事をしながら人と
会うより,よく憶えている気がします。テーブルを囲んだ、幸せな記憶。感覚がフル活動
しているのかな。
 
私よりももっとグルメなある方は、「美味しいものを食べるといつも使わない神経が働くから
疲れるよね。」と,もぐもぐ、にこにこしながら言っていました。すごい集中力です!




8月の、はじめのライブのお知らせです。
8月12日(水曜日) 東梅田にあるライブハウス Hard Rainにて。


時間:18時30分開場 19時開演
出演:チームゆるーズ 計谷こうへい(the UOZA) 加納良英
深田ちひろ
料金:1500円(plus 1drink)

食いしんぼ情報:Hard Rainさんに出演するときは、近くにあるSalon de the
(サロンドテ)というティールームでチーズトーストを食べるのが楽しみです!

Hard Rainさんの店長の加納さんも出演されるので緊張ですが、楽しみな日です。
お盆の時期ですが、ぜひ聴きに来てください~!


写真は、先日の友達のウェディングにて。
e0126175_0514199.jpg

[PR]
by picnique | 2009-08-06 00:54 | おいしいもの

お芋をゆでよう

最近、凝っていることがあります。
それはジャガイモのゆで方。

好きな料理家の、高山なおみさんの本に書いてあったとおりに
してみたら、本当においしい!

ジャガイモは洗って、皮のままお鍋に入れます。
かぶるくらいの水を入れて、強火にかけます。
沸騰したらすごく弱火にして。 ジャガイモがゆらゆらと静かにゆれているくらい。
40分くらいたったら
竹串をさして、スーと通ったらできあがり。
熱いうちに皮をむいて(布巾の上からもって)
そのままでもおいしい。 ポテトサラダにしても、おいしい。

ただ、ゆでるだけなのに、ポクポクとしてほんのり甘い、
ジャガイモのおいしさにおどろきます。

皮付きのまま、というのと、ゆらゆら弱火で、がポイントです。
ぜひ、試してみてください。

冬の夜、ゆっくりお芋をゆでましょう。
[PR]
by picnique | 2009-01-30 21:32 | おいしいもの

une casserolle

寒い日にみんなが集まる食事には、お鍋がいちばん! と思います。 なのでなにかときっかけを作っては、みんなでお鍋。

なかよしさんとキムチ鍋、 仕事仲間でカレー鍋、
じっくり話したい人と豆乳鍋、 音楽仲間と鯛の入ったお鍋、、、、

いろんなお鍋がありますが、人によって作り方や食べ方がいろいろなのが面白い。
気長に待つ人、早く食べたい人、お皿によそってから自分なりに味付けする人、
ひたすらお鍋のめんどうを見てくれる人、、、

今読んでいる、佐藤初女さんの本に、こう書いてありました。

「食の好みや食べ方で、その人となりをよく表しています。 例えば好き嫌い
の多い人は他の人をあまり受け入れられなくなっている人、何でも食べる人は
どんな人とも仲良く、おおらかに過ごせる人。」
  
ふむふむ、なるほど。
e0126175_2214665.jpg


お鍋を囲んで見えてきた、知っている人の意外な一面や、もっと仲良く
なれそうな予感のようなもの。

次は何鍋にしようかな。
[PR]
by picnique | 2008-12-19 22:03 | おいしいもの

お茶の時間

今年に入ったくらいから、朝のコーヒーにお腹の調子がわるくなるようになり、

今ではもっぱら、お茶党です。

朝起きて、「今日は暑いから、さっぱりしたフルーツティーを」、や、「お腹がもうひとつだから、カフェインなしのものにしよう(お茶、とくにブラックティー=紅茶にも、カフェインは入っているそう)」、という風にその時飲みたい味を選ぶのが、楽しくなってきました。

ぜんぜん本格的ではないけど、美味しい飲み頃もだんだん分かってきて。


そして先日、またちがったお茶が家で飲みたくて、気になっていた近所の紅茶やさん         Queens Wayへいってきました。

駅の近くのお店は、昔も別のお商売をされていたのだろうな、という風の小さなスペースで、気になるお茶の香りを試したり、試飲もさせてもらいました。

オーガニックのお茶や、お茶のお供のお菓子や、気になるものがたくさん!
迷いましたが、夏だけの「 Nice (ニース) 」を買いました。
お花とフルーツのかけらも入った南の香りのこのお茶は、アイスティーにしても美味しいそう。

またひとつふえた、朝の楽しみです。
e0126175_21115692.jpg

[PR]
by picnique | 2008-08-16 21:13 | おいしいもの

コトコトと

先週末、cototoko(コトトコ)さんのジェリージャムのワークショップに行ってきました。

 ジェリージャムというのは、果物を煮出したジュースと、お砂糖と、レモンを煮詰めたもの。普通のジャムと違ってその果物の形は残らないけれど、りんごなら黄金色、スモモなら明るい赤色など、それはそれはきれいなジェリーができます。 

 コトトコさんの説明を聞いてから、エプロンしめて、お鍋をひたすらかき混ぜる。すると、さらさらとしていたジュースが、いつのまにかとろりとしたジェリーに。これに、バラの花びらや、ミントや、胡椒など、好きなものを加えて、他ではちょっとない、特製ジェリージャムのできあがり。私達の班は、レモンチェロというレモンのお酒と、レモンペッパーと、ミントの葉をいれました。夏らしい、さわやかな味。

 バラの香りのジャムを添えたブラマンジェと、ジャムをサンドしたビスケット、プルーンジャムのペリエ割りをいただいて、お土産用のジャムの瓶をそれぞれ、好きにラッピングして、写真におさめて。あっという間のワークショップでしたがフルーツの香りの中、ジェリーのきらきらとしたきれいな色、楽しい会話。なんだかとても素敵な気分になれました。
e0126175_8451239.jpg
[PR]
by picnique | 2007-07-24 08:55 | おいしいもの

ふわふわパンケーキ

 毎朝、たのしみな朝食。 
 フランスでは、それが普通だと信じ込んで初めの3ヶ月は毎朝、アパルトマンのお向かいのパン屋さんへドウミバゲット(1/2本で、Une demie baguette )を買いにいっていました。それに、カフェと果物。
ドイツではパンやさんセレクトのどっしりとしたドイツパンにバターとジャムをぬったものをカフェと食べていました。

 日本へ帰っての朝ごはんは、食パンにはちみつときなこ。ヨウグルトと果物。それにあたたかい飲み物。 フワフワと頼りなげで以前はあまり好きでなかった食パンですが、近ごろ「タカキのくるみ入り食パン」というおいしいパンを見つけて、お気に入りの朝ごはんに。

 でもついつい、食パンを買い忘れた時には、パンケーキを焼きます。 六甲にあるとても素敵な喫茶店で一口食べて以来、なんて幸せな食べ物だろう、と、その味を思いだしながら、作っています。 参考にしたのは、料理家高山なおみさんの「ウィーン風パンケーキ」のレシピ。

材料は、小麦粉1カップ、ベーキングパウダー小さじ1、お砂糖40グラム、卵1コ、溶かしバター10グラム、ミルク1カップ

ポイントは、卵を黄身と白身に分けて、黄身はミルクに混ぜたのちバター、粉類と混ぜ合わせ、白身は少しのお砂糖と一緒に、泡立ててから加える、というところです。

ちょっとした一手間ですが、ふわふわの出来上がりのために、丁寧に。お料理している気分になれるのも、うれしい。4枚できます。

幸せな朝ごはんで、その日いちにち、素敵なことが起こりそうな予感がするから、ふしぎです。
[PR]
by picnique | 2007-07-21 10:20 | おいしいもの