カテゴリ:心もよう( 13 )

はなうたなら

ゆうべは、楽しみにたのしみにしていたライブを聴きに行きました。

昨年ご一緒させてもらって、心地よい歌声とギターに夢中の下釜さんと、
素敵な雰囲気を持っておられるオガサワラさん、そしてソロで初めて聴く
カーテンズさんです。

ライブはもちろん素晴らしくて、聴きに来た人たちもみんな、音楽にウキウキ
しているのが伝わってきて、とても良い時間でした~ あ~よかった!

朝が早いパン屋仕事を始めてから、夜のお出かけ?は自分のライブと、休み前の夜が
ほとんどだったのですが、良い時間というのはちょっとの無理や冒険の向こうにある
ことが多いかも。


今日は、仕事のあとピューっと帰って「ごきげんよう」を見ずに、サイクリングで
ポートアイランドへ行ってみました。

葉っぱが出てきた桜のトンネルを抜けながら、坂を下りながら、フンフンフン~と
はなうた歌って。

ポートアイランドから、まだ見ぬ国の夜明けまで。

はなうたなら、どこへでも行けるのに。
e0126175_22494276.jpg

[PR]
by picnique | 2010-04-26 22:51 | 心もよう

beacoup de motivee

昨日の日曜日のパン屋での仕事は、夜にライブがあるため、どうか
忙しくなく過ぎますように、、、と思っていたのがかなったようで
お客さんが少なくてゆっくりしていました。

そこへ、おばあさんが二人。ゆっくりとパンを選んで、コーヒーを
注文して、お茶の時間を楽しんでおられました。(コーヒーなのに
お茶の時間はおかしいですねえ。でもコーヒータイムはなんだか
ちがう)

お昼前にはそれでもお客さんの波がおしよせ、しばらくしてまた
静かな店内になったときに、先ほどのおばあさん達から一言
「ごちそうさま~。」と言われたときは、かなりの時間がたって
いたので、ああ、まだいらしたんだ!と驚いたほど。

そんなふうに空いているときに来て、お茶を楽しんでまた静かに
帰って行かれるのをを見送りながら、いつもの忙しい時間では丁寧に
接客するのも、ゆっくり過ごすのも難しいお店でゆったり過ごされた
静かな時間は、あのお二人のための時間だったんだなあ、さすが
人生の先輩!と思ったのでした。

そして、夜のライブでも。

2番目に演奏された川俣さんは20時まで遠方でお仕事だったのに、
出演時間の20時半までにはワンドロップに到着して、私の演奏も
聴いてもらえました。

車を「今まででいちばんのスピードで」とばして、間に合ったと
MCで聞きましたが、道もこまず、トラブルもなかったのは、今夜の
ライブのために用意されたタイミングだったのだなあ、とまた思い
ました。
ライブはもちろん、素晴らしかったです!良い歌声とリズムで、
ソロなのに、普段してらっしゃるバンドdoraceanaの音が聴こえて
くるようでした。

昨日3番目に出られたカリンさん(かんのとしこさん+killin'さん)は、
アコーデオンとギターとお二人の歌声が混ざり合ってはずんで、
とても心地よかったです。そんなカリンさんと出会えて、
ラベンダーバンドでしてみたいなあという事もたくさん浮かんで
きました!


考えすぎかもしれませんが、思い返せば自分のいろんなタイミングも、
ちょうどよい時期に、場所で訪れている気がします。

用意された時間、これがうまく感じ取れたら、もっと肩の力をぬいて
進めそうです。



演奏した曲

1.今日は、にちようび
2.麦の穂
3.雨の中コーヒー屋へ
4.運命のひと
5.みっつかぞえて
6.もう春ですよ

いつもと違うテンポですすめたのでハラハラライブでしたが、
なんだかこれからが楽しみ!でもある曲の組み合わせでした。
これからもいろいろな組み合わせで試してみようとおもいます♪

雨の日曜日に聴きに来てくださったみなさま、共演のみなさま、
ワンドロップさん、どうもありがとうございました!
e0126175_12423420.jpg

[PR]
by picnique | 2010-03-08 12:36 | 心もよう

ガーデナー二日目

つい今週から、植木屋さんのお手伝いをしています。
ねじりはちまきで、松の枝をチョキチョキ、、、も、普段はされていると思いますが、
私が手伝っているのは神戸にある結婚式場のチャペルと、玄関周りの植栽。

1日目は夏の暑さで元気がなくなっていたプランターの草花を植え替え、今朝は
お水やりをしてきました。 まだ残暑がきびしく汗をかきかき、でしたが、
終わったときの爽快さは、なんともいえず、心地よかったな。

思えば、花の仕事をする出発点は、ガーデナーになりたい、という思いからでした。
高校生のときに旅したロンドンでお庭に水遣りをするガーデナーを見て、「私は将来
これになるんだ~」と決めたのです。 それが、進んだ園芸短大を終える頃には、体力
の心配をして、お庭造りから離れて今まで切花の装飾を専門にしてきました。

なのに、働いていたお花屋を辞めて、さて、仕事を探さないと!と思ったとたん、
ガーデニングのお手伝いのお話がきて、驚いています。 常駐のお仕事ではないので
どうなるか分からないけれど、お世話になっている植木屋さんはアートに傾倒して
おられて、ターシャ・テューダーさんのお庭のスタイルにも興味がある、とお話していて
分かったのでこれも大切な出会いのひとつだな、と感じて、できるだけいろいろ
お手伝いさせてもらおう!と思っています。

近頃思うのは、(これは期間を置いて何度も思うことですが)
なんでも、タイミングが大切だな、ということ。えいえい、と進んでも手に入らない時や
物もあるけれど、ふとしたときにあちらからふわり、とやって来ることもあるのです。

だから、いいな、素敵だな、でも今はなかなか届かないな、ということも、
タイミングがめぐれば、すぐ側に来てくれるはずだから心にひそかにとどめて
おくのが大事だなあと思います。
e0126175_1433230.jpg

[PR]
by picnique | 2009-08-30 14:03 | 心もよう

ひと呼吸して

ワンピースを作ってもらいました。
気に入った布(グレーに、金色のまるい模様)を友達のお店にもって行くと、素敵にシンプルなワンピースに仕上がって返ってきました。

9月に「夜空とお月さま」というライブをするのですが、そのイメージにもぴったりで、うれしいです。

以前、先の予定に向かっていろいろ準備したり、わくわくして待つ事にあこがれた時期がありました。 今思うとふしぎですが、そのころはあまり余裕なくバタバタとしていたのだろうな。(今もバタバタはしていますが、、、)

そういえば、小学校の算数の通信簿の、「物事を筋道立てて考えることができる」のところはいつもABCのうち、Cだったのです。

ひとつの事を遠くから眺めてみること。
それに向かって少しづつすすむこと。

今は少しは上手くできるようになったかな。



先日、梅田のハードレインでライブがありました。

知っているお顔が見えないので不安もありましたが、ひと呼吸してみると、何だかいつもより自由にできたような気がします。

お客さまや、スタッフさんや、出演者の皆さんともいろいろ話もできて、得るもの多き楽しい日になりました。

聴いてくださった方、お世話になった方、どうもありがとうございました!
[PR]
by picnique | 2009-08-13 23:09 | 心もよう

まんなかあたり

熱いものはあついうちに、冷たいものはつめたいうちに、
確かなことはたしかなうちに。

と言っても、こうしないと、と意気込んでるうちは
見えていないこともたくさんあります。
あれこれ思い悩んでいたのに、答えは思いもかけない方向から
するりと落ちてくることも。

なんだろな、

ちょうど良い頃合いが、むずかしいな。


さて最近、ぬくいおうどんをよく作ります。
熱いのは汗が出そうだし、冷やしすぎたらお腹に悪そう、というので、
まんなかのぬくいのを。

(つくり方)

おうどんはゆでて、ちょっとだけ水で洗います。
(ぬめりを取る程度)

なすびは薄く切ってフライパンで焼くか、
皮をむいて拍子切りにして蒸します。

お肉があれば、さっとゆでる。
油揚げをトースターで焼いたのも、おいしい。
納豆も、合うなあ~ と、
なすび+その日の気分で具を用意します。

たれは、ごまだれ(ごまあえのもと、お湯、醤油、ポン酢、だしの素をまぜる)か、
玉ねぎのたれ(玉ねぎとしょうがをすりおろしたものに、醤油、レモン、甘いお味噌)
が合うとおもいます。

お皿に全部のせると熱くも、冷たくもないおうどんの出来上がりです。

温度に気を取られないので、はらペコだったらいろいろ同時進行でささっとできるし、
のんびり好きな順番で作っても良いし、のせるものも味付けも、冷蔵庫の中身と
ひらめきで、どんどん変わっていっても良い。

おおげさな言い方だけど、心のよゆうがいかせるおうどんです。



まんなかが、ちょうど良いときもある。  

辺りが暗くなり、やっと涼しい風が吹いてきました。
[PR]
by picnique | 2009-07-29 22:12 | 心もよう

やさしいひと

キミといて、 ぼくを知る

何も求めぬほどにつたわる愛

何も飾らぬほどに深まるライフ


最近ふと、聴きたくなったハナレグミです。
それを昨日行ったライブで、偶然カバーされている方がいて、
それがとっても素敵だったので、涙がでそうになった。



人は、つながっているなあ。
つながって、自分の中にその人の言葉や考えが入ってきて、
ぐるっとめぐって、出てくるものが
自分なのだろうな、と思いました。

はい も、 いいえ も。

! も、 ? も

良い も、 良くない も。


想うこと、考えること、言葉にすること。


ほんとうにやさしいって、どういうことなのでしょう?
[PR]
by picnique | 2009-02-24 21:06 | 心もよう

のんびりパスタを

e0126175_22141420.jpg
気持ちが沈む時っていうのは、
自分の事をあまり好きでない時。
自分の弱さや 良くないところに
参っている時なんじゃないかしらと
思いました。

心が元気なときは きっと
自分の事がすきだもの。

誰かが言った事や 誰かの思いに
傷ついたのではなくて。

自分の事 一番良く知ってるのは
私だもの。

誰かにこうしてほしい、と願うんじゃなくて。
望むんじゃなくて。

そんな、落ち込んだ時には
今まで後回しにしていたことをひとつずつ、
少しずつ、丁寧にしてみるといいかもしれない。

きっとそれは私が見る 私への
自信になるんじゃないかなぁ。


家に帰ってから廊下を掃除して、
洗濯をして、
のんびりパスタをゆでた今夜。

そうしたら少し安心しました。
[PR]
by picnique | 2008-11-13 22:07 | 心もよう

たんたんと

朝起きて 朝ごはん 少し音楽の練習 そして仕事へゆく
次の日も、その次の日も
同じ仕事場で 同じ仕事仲間たちと仕事をする

ふつうののことだけれど
わたしは2つ仕事をしているので 
それがけっこう途切れとぎれにつながっていた

でもここ最近はそれぞれに集中できるようになったようで
同じ中にもその日ごとにすこしずつ変化があって。

今日のケーキは特別ほんわり、美味しそうだとか
雨降りなのにお客さまが多い、とか


たんたんと過ぎていくようで
時間は積み重なって
続いていくその先は きっと


きっと どこをとっても
これまで集めてきた時間が
細く、太く、つながってるんだろう

土の中の根っこみたいに
[PR]
by picnique | 2008-10-05 22:05 | 心もよう

つづけること

暑いあつい毎日の、久しぶりの雨の次の日。

久しぶりに、知り合いの方のカフェにいきました。
私の母と同年代の方がされている、ケーキとコーヒーが
おいしいお店です。

とても気さくな方で、いつ行っても楽しく話して、あっというまに時間が経っています。神戸に来た頃は度々訪ねていたのですが、最近ぱったりと行かなくなっていて。でも先週、他のお客さんとの会話から、私のことを思い出して、電話をくださいました。
それで、今日いくことに。

久しぶりに会っても、すぐにぱっとつながれる人は、いるものです。
少し話しただけで、私の今の迷いや、頭の中でひいては返す波、みたいなものをぴったりと受け止めて、ゆっくり言葉で返してもらって、とても心強くなれました。

好きなことはつづけてゆけるもので、そうしているうちに、
キャリアを重ねて、自信を重ねて、出会いを重ねて。

そのお店は今年で20年目だそうです。
よりそうように、まわりを漂うように(と表現されていた)続けてこられたお店のあたたかい空気と、お客さんの幅のひろさと、きらきら光る瞳のわけに、ほんの少し近づけた気がしました。
[PR]
by picnique | 2008-07-29 22:08 | 心もよう

のびのびと

「 自分でいることを楽しんでいる人は、
まわりから見ていても気持ちよい。 」

以前、パリに住んでいた頃に観に行ったオペラ座で、とても素敵な女の人
を見かけて、こんなふうに思ったことを、ふと思い出しました。 
ふつうに話したりしているだけなんだけど、とても良い空気がその人のまわりに
流れてるように感じたのです。

 
自分の中から生まれてくるものを大切にして、表現すること。
それは目に見えるものだったり、言葉だったり、想いだったり。


たくさんの方法や、マナーや、考え方
(きっとそれは何事にもスムーズにスマートに対応できる)
を受けて、なにか大切な素(もと)がぼやけてしまうのはもったいないな、と
思います。

社会に生きているんだから、習いに従うのは大事。でもなにか、
これ! や ここ! っていう時には、自分の素の部分が出せるようにしたい。
のびのびと、とも言えましょうか。 



もやもやとした気分が募った時にふと、
ずいぶん遠く離れたあの夜のオペラ座の、素敵な女の人
を思い出して、あの空気までも思い出して、気分がすーっと
しました。


そうだ。 あれこれ考えすぎて、なんだか気持ちよくなさそうにしているお花は、
のびのびと、いけ直そう。
[PR]
by picnique | 2008-07-14 20:19 | 心もよう